バイアグラジェネリックのカマグラを有効活用

ED治療薬は、ジェネリックを選べば経済的ですよ。

同一成分ながら価格差は1/4

バイアグラは医薬品です。
そのため、原則として医師による処方が必要になります。
症状などによっては保険が適用されることもありますが、多くのケースは自費診療となります。
特に内密に治療したいといった場合、保険適用をせず全額自己負担での治療を希望されるのが一般的です。
その場合は、治療費用および薬の処方費も全て自己負担です。
もっとも、自費診療をメインとしているED専門クリニックでは初診料や再診料はとっておらず、薬の代金だけというところが少なくありません。
バイアグラは、クリニックにもよりますが基本的に1錠から処方してもらえます。
価格は含まれている有効成分シルデナフィルの量によって異なり、25mg錠で1,300円程度、50mg錠で1,500円から2,000円程度が相場となっています。
つまり、クリニックによって処方価格に差の開きがあります。
1錠から処方してもらえ、処方にあたっての診察時間も10分程度と短時間で済むので、まずは1錠試してみて、効果がみられ、自分の体質に合っていると思えば、引き続き必要な量を処方してもらうといいでしょう。
バイアグラのジェネリックも、様々登場しています。
ジェネリックとは有効成分が同じであるにも関わらず、開発メーカー以外が製造することで価格が安くなるメリットがあります。
シルデナフィルの相場は50mg錠で1,250円ほどで、クリニックでも処方が受けられます。
そのほか、カマグラは100mg4錠で1,300円ほどとリーズナブルで、個人輸入代行サイトなどで入手可能です。